地域通貨『ウォーター』

地域通貨発行事業

地域通貨「ウォーター」は町内での経済循環をうながして、地域が元気になるよう、また地域通貨を使うことで地域の連帯を大切にするとの発想から生まれたのが、しまもと地域流通マネー「ウォーター」です。
ボランティアの報酬・お礼・ギフト、地域活動の中での使用など、色々な用途があります。みなさんもどんどんご利用下さい。
地域通貨券見本


【『ウォーター』の意味】
通貨の名称募集で島本のおいしい水を名称につけて欲しいという応募が多く英訳して『ウォーター』と名付けたものを採用しました。

地域通貨取扱店舗 地域通貨ウォーター


【地域通貨「ウォーター」について】
発行方法
「ウォーター」は、島本町商工会の窓口で発行・交換されます。また、その他にも次のような方法で発行されます。
①ボランティア報酬…これまでのお金や物での報酬に代えて、町内で循環する「ウォーター」が発行されます。
②報酬等…行政関係、各種団体等の報酬などの一部として、受取者の了承があれば、現金に買えてご利用いただけます。
③販売…お礼やギフトなどに、現金よりソフトな使用が可能な「ウォーター」を商工会窓口で販売します。
④商工会のイベントなどでも発行します。

「ウォーター」の概要
1.額面500ウォーター(円)の1種類の紙幣です。
2.取り扱いする商店等にて現金と同じように使える商品券に近いものです。(つり銭もでます。)
3.商品券のように1回限りのものではありません。
4.発行日から6カ月間町内にてお金と同じように流通することが可能です。
5.町内での循環することにより、町内の資源(労働や物産)を活用することになります。

使用方法
・商品代金の支払・・・・・・(例)一般商品代金、ガソリン代など
・サービスの対価支払い・・・・・・(例)理・美容代金、飲食代、自動車の整備代金
・工事代金の支払い・・・・・・(例)補修工事代金、増改築工事代金などその他取扱店での使用が出来ます。
・お礼としての使用・・・・・・(例)何かをしてもらったお礼等
・福利厚生としての利用・・・・・・(例)従業員に対する慰労がわりの心付けなど
・ギフトとしての使用・・・・・・(例)一般商品券に代えて使用
・地域活動の中での使用・・・・・・(例)町や団体等でのコミュニティ活動の中で使用

取扱方法
①「ウォーター」は現金とは引き換えできません。
②使用する人は、「ウォーター」の裏には何も書かないで下さい。
(※取扱店以外の受取人は名前を裏に書かないでください。)
③受け取った「ウォーター」はなるべく早く、取扱店などで使用してください。
④原則として有効期限の残りが1カ月未満となったものは、商工会の窓口で新しい「ウォーター」と交換させていただきます

※ウォーター取扱店は下記のとおりです。


地域通貨取扱店

h29.7

※平成29年7月店舗編集あり

コメントは受け付けていません。